ARTICLE PAGE

偲び草

昨日の甲日も去り今日は草花を表す乙の日です。

乙は柔干であり十干の中でも最も弱いものですが、根を張れば凛として美しい花になったりしっかりした雑草になったりします。
そんな乙もその気になれば大地を表す己くらいは支配できます。

「死のうは一定、偲び草には何をしようぞ…」(必ず死ぬのだから、何を思い出にしようか…)

人はいつか死ぬのですから生きているうちにやりたいことをしましょう。
日々あれこれ浮かんではつい否定的になってしまうやりたいこと。
あなたのやりたいことは決して我儘ではなくこの世の思い出になる美しい乙(偲び草)なのです。

poppies.jpg

0 Comments

Leave a comment