ARTICLE PAGE

謎の枠組み

書店に行ってあてもなく本を探していると何気に目に入ってきたのが「二十代でやっておきたいこと」みたいなタイトルの本だった。
「二十代なんてとっくに終わっちゃったしなー(笑)」と手には取らなかったのだが、家に帰ってからとても気になり始めた。

中身はどんな内容だったんだろう…
今度機会があればきちんと読んでみようかな…

それにしても年齢域の順に計画どおりきちんと成長出来る人ってどのくらいいるのだろうという疑問が湧いた。
人によってライフスタイルは様々だし、十代、二十代で出来なかったことをそれ以降の年齢でリカバリーしている人もいる。
現に私の知り合いで四十代になって大学に入学し仕事と両立しながら見事卒業した人もいる。
その人は二十代で経験するはずの大学卒業を四十代で経験したことになる。

二十代、三十代、四十代…そんな枠組みを取り払って人は様々な経験をしてもいいんじゃないのかな?
「もう年だから…」なんて言葉は禁句。
二十代にあれをやっておかなかったから人生アウトーなんて絶対やだなあ。
かなり前にあるSNSで「二十代の社会人になって十代の子が持つようなコスメ使うなんて…」と呟いて物議を醸した人もいたけれど、そのコスメの機能が自分に合うのならいくつになっても使っていいんじゃないのかなと思う。

bed.png


よく考えてみると年齢不詳の綺麗な人ってそういう年齢の枠組みにとらわれず、自分の好きなことを堂々としているような気がするし、年齢にこだわる人ほどコンプレックスがひどくてその年齢に合わない幼稚な考え方をしてしまう傾向があると思う。

事実、西洋占星術や四柱推命でみてみても、人のブレイク期って相当個人差があるのですよ。

0 Comments

Leave a comment