tag: #女性の美しさ  1/2

本当の美のヒミツ

今日はここだけのお話をします。運よく(?)こちらまでたどりついて読んで下さる方、今からお話することは世間の価値観からは少し離れているのでオモテでお話をすることはオススメできません。ヤだなあと思ったらすぐに読むのをやめて下さいね。でも知っていると女性は周りの人よりも少しだけ美人に見えて、モテてくるかもしれませんよ。男性は気立てがよくてしっかりしているよい奥さんを見つけるヒントにして下さい。下のイラスト...

  •  0
  •  0

命式の欠点は色気

少し前に東京に行った時、あるカリスマ歌手を見かけた。一瞬通りかかっただけだしプライベートなので普段のオーラはなかったけど、それでも一目で分かるくらい輝いていた。これも何かのご縁と思い、家に戻り四柱推命の命式表を作ってみた。従旺格という命式で晩年も安泰だ。これからどんな風に変わるのだろうとささやかれている人だけど、きっとこれからも信念や理念を曲げずに活動する人だろう。曲げない信念や理念…この人の魅力...

  •  0
  •  0

透明感を出す方法

よくコスメにも"透明感を出す"とうたわれるものや方法がありますが、実際コスメや外見だけで雰囲気を透明にするのは4割くらいなのではないかと思うのです。頑張って透明メイクをしていても残念な仕草や重たいネガティブオーラ、必死すぎる執着を出していてはガッカリ女子まっしぐらに…私が考える透明感を出す方法はまずはマインドセット→自分の骨格に似合うファッションや色の選択→メイクの三位一体で完成しているものなのではない...

  •  0
  •  0

眩しすぎる人

四柱推命で丙日に生まれた人を私は丙さんと呼んでいる。この丙、実は「太陽」のことなのです。なので丙日に生まれた人は、ゴージャスで堂々としていて眩しい人が多いです。「なぜか人から避けられたりマウント取られたりで、人間関係がうまくいきません…」そう相談してきた人は丙日生まれの人だった。瞳が大きくて綺麗な人。日主(生まれ日の干、この人の丙にあたるもの)もある程度強く、バランスがとれている。丙の人の注意点は自...

  •  0
  •  0

モダンガールと女の自立

最近、思い切って長年のロングからショートボブにしてみた。美容師さんに「似合っていますよ」と言われてホッ。久しぶりのボブなので自分でもスッキリしてとても良い気分の毎日だ。これって昔で言う「断髪」のことじゃないかい?とふと気が付く。今でこそ気軽に出来るボブというヘアスタイルも昭和の初めはかなり勇気のいることだったよう。女性は和装と文金高島田のイメージだった時代にモダンガールになるには相当の意思の強さが...

  •  0
  •  0